2014年01月31日

タイムリープと思われる体験 第十四夜

24 本当にあった怖い名無し sag 2006/02/16(木) 19:35:14 ID:aSbIrsXJ0
ちょっと違う気があるけど、聞いてほしい。 

深夜、2ちゃんのネタ収集系ブログを読んでぼーっとしていたんだが、 
そこで時間の感覚が異常になった。 
記事をひとつ読むだけで30分が過ぎてしまう。(普段はのろくても10分。) 
おもしれーと思いながらだらだら読んでたら 
あっという間に六時になってしまった。 
で、そのまま仕事行って帰ったんだが大変だった。 
無呼吸症候群っていうのか?突然ふわっと意識が飛んで、 
気付いたら応接室に寝かされている。 
帰ってきた父親に向かって当たり前のように「ただいま」。 
新聞の書籍特集を見て書いたメモが 
「日本美術の歴史」→「日本詐術全巻」と 
意味不明の誤植を起こしていることに次の日気付く。 
嗜好もその日以来変わってしまった。 
なんとなく付けてたテレビの大相撲に魅入り、 
なぜか某力士にものすごい色気を感じて萌えた。 
それから、生まれて初めて金縛りにあって、見た。泣いた。 

時空がおかしくなったっていうよりは、 
脳の時間を認識する能力が狂ったような感じだった。 
で、それにつられて他の機能も混乱をきたしたような。 
寝たら直ったんで良かったけど、病院行きとかになったら洒落にならない。 
                                                     
207 本当にあった怖い名無し sage 05/01/24 02:00:37 ID:mWsZyQgc0 
ガキの頃、その様な経験をしたことがある。 
一回目は正月に母親の実家へ帰省した時のこと。 
2~4日までの2泊3日間の滞在だったはずなのに、翌日帰ることに… 
嫌がって「何で2日間で帰っちゃうの?3日間って言ったでしょ!」と親に聞くと 
「だって今日は4日だよ、一昨日に来て昨日は丸一日遊んでたでしょ」と。 
その一日分はまるで記憶が無く、でも親が言うには確かに存在したらしい。 
家に帰ってからも家族に聞いてみたが、母の言う日にちは間違っていなかった。 
この場合には止める、巻き戻すではなく、一日飛ばしてしまった状況。 
208 本当にあった怖い名無し sage 05/01/24 02:02:54 ID:mWsZyQgc0 
二度目は数年がたち、小学4年位の時。 
この日、自分は間違えて、何故か一日先の授業の用意をしてしまった。 
当時の忘れ物の罰として、漢字の書き取りがあったのだが、新しい漢字ノートを 
いきなり罰で使用することになり正直凹んだ。 
結局、1限目と2限目は次の日もあったので大丈夫だったが、 
丸一日分の忘れ物と言う事で30ページの書き取りを1週間で宿題と言われた。 
昼休みに友人に「今日って○曜じゃなかったか?」と聞くと「なに言ってんだお前?」 
と笑われた。 

次の日、今日こそはと思い、鞄の中は同じ内容のまま学校へ。 
すると、何故か昨日と同じ内容の授業をやっている。 
同じ事をやって、同じ奴が同じ間違いをして、同じ様に注意されてる。 
疑問に思ったが、3限目になれば違う授業になるはず…と思っていると、 
何故か3限目も昨日と同じ授業、昨日と同じ様に忘れ物で叱られ、 
昨日と同じ様に30ページの書き取りを1週間でと言われた。 
けど、新しく買ったばかりの漢字ノートには、昨日やった数ページ分の書き取りが 
しっかりと残っていた。 
休み時間に友人に「同じ事が昨日も無かったか?」と聞いてみたが 
昨日と同じ様に「なに言ってんだお前?」と笑われ、 
何をやっても昨日のリアクションを変えることが出来なかった。 
子供心に「あぁ、昨日あったことを変えることは出来ないんだな」とか思った。 

結局一週間で新しい漢字ノートは埋め尽くされたが、あの日が何だったのかは不明。 
誰に言っても信じてもらえないが、あの漢字ノートは現実に残っていたので 
デジャヴとかでは無いはず… 
                                                      
132 本当にあった怖い名無し sage 2006/03/25(土) 23:45:09 ID:8L+anwe10 
祖母の話。 
まだ終戦後のバラック住まいの頃、生活物資を買いに市へ出かけたんだそうな。 
ところどころにバラック小屋が建っているだけの道を歩いていたとき、急にあたりの様子がおかしくなった。 
いつのまにか周りは建物がいっぱい建っていて、目の前に巨大な駅があった。 
そして駅から白くて煙突もなく、流線型見たことも無い形の汽車が出てきた。 
唖然として眺めているうち、気づいたらもとの道にいたそうだ。 
後に新幹線が登場したとき、あのとき見たのはあれだったんだ、と思ったそうだ。 

月日が流れて、大阪万博があったくらいのとき。 
用があって東京に来ていた祖母は、街を歩いていたらしい。 
ふとした時につまづいてしまって、頭を上げると街の様子が変わっていた。 
人々も変わった格好をしていて、手にトランシーバーくらの妙な機械をもっていた。 
わけがわからなくなって、目をつぶって深呼吸をしたあと、もう一度目を開けると元に戻っていたらしい。 
結局その妙な機械は、のちの携帯電話だったようだ。 

それから祖母はもう一度だけその時間旅行(?)を体験したらしい。 
今度は夜に散歩していたとき、どう歩いたのか知らないうちに、 
ものすごく広い場所に出たらしい。 
そこは巨大な施設のようで様々なビルのようなものや機械があった。 
その中心には様々な機械や装置のようなものから出来たものすごく高いタワーがあったらしい。 
上は果てしなく天まで伸びていて、一定間隔でライトのようなものがついていた。 
それをしばらく見た後、もと来た道を戻ったが、二度とそんな施設は見つけられなかった。 
その話の塔は、どうも話の内容からして軌道エレベーターなのではないかと思う。 
勿論祖母は軌道エレベーターなんて知らない。 
今まで見てきたものから考えると、祖母は近未来を見たのだろうか。 
それからはタイムスリップはしていないようだが、祖母が見たのは幻覚なのか未来なのかはわからない。   
                                                      
タイムリープでも時間進むのはイヤだな・・・ 


コメント一覧

1. Posted by 名無し   2014年01月31日 23:47
面白かったけど、24番の方は憑依されてね?
自分で寝てるわけでもない身に覚えのない時間の空洞とか趣味趣向が変化してるよね。
力士に色気感じたり。
ちょっと心配だから神社にお祓い行ってもらいたいんだけど。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ